痙攣や発作などの症状がてんかんには見られます。これらの症状はラミクタールで予防が可能です。

中年の患者と医者
  • ホーム
  • ラミクタールは通販でも購入可能?

ラミクタールは通販でも購入可能?

説明している医者

非常に効果の高い抗てんかん薬として、多くのてんかん患者の支持を集めているラミクタール。
近年になってようやく日本でも承認されましたが、それ以来たくさんの患者に愛用されている薬です。
てんかんは完治できない病気ですので、まずは発作の予防に治療の重点が置かれます。
ラミクタールは部分発作と全般発作の双方に効果があるうえ、ほかの抗てんかん薬と併用することでさらに薬効を高めることができます。

てんかんを治療する側にとっては、非常に使いやすい薬というわけです。
もちろん効果の高い薬といえど、一度飲んだだけではてんかん発作を予防することはできません。
現在のところてんかんは完治できる病気ではありません。
ですから常に発作が起きにくい状況を作ることが治療の主眼です。

ラミクタールも長期にわたって定期的に飲み続けなければ効果を期待することができません。
したがって常に薬を切らすことなく、常備しておくことが絶対条件になります。
ラミクタールを手に入れたい場合は、医療機関を受診して処方してもらうのが一般的です。
しかしこの方法は仕事などで忙しい人にとっては非常に不便です。

そこでなかなか医療機関に行く暇がないという人は、インターネット上の薬の通販サイトを利用してもいいでしょう。
通販サイトなら自宅で好きな時に購入できるうえ、大量にまとめ買いすることも可能なので薬を切らすといった心配もなくなります。
薬の通販サイトはインターネット上に数多く存在しますので、ラミクタールについてもすぐに探し出すことができます。

購入方法も簡単で、処方箋も不要ですので、まず問題なくスムーズに手に入れることができるでしょう。
ただし通販サイトで購入した薬については、服用による影響は自己責任になりますので、くれぐれも慎重に検討してから利用しなければいけません。

ラミクタールにはジェネリック医薬品もあります。
ジェネリックは先発品と同じ有効成分で安いことが魅力です。
先発品の有効成分の特許が切れたため安価に販売することができるのです。
しかし先発品が販売後に新たに効果追加を行い、その効果追加の特許が切れていない場合、その追加効果へ処方された薬がジェネリックだと保険がきかない場合があります。
例えば先発品Aが双極性障害への効果があると認められ販売され、
のちにてんかんへの部分発作にも効果があると認められたとしましょう。
先発品Aの有効成分の特許が切れジェネリック医薬品Bが開発され販売されたあと、
てんかんの症状がありジェネリック医薬品Bを処方してもらった場合、てんかんの効能効果の特許が切れていないと保険がきかないのです。
ラミクタールジェネリックを通販すると保険の心配なくまとめ買いで安価に入手することができます。
病院でラミクタール処方してもらい効果があった方はジェネリックを通販で安価に入手することをおすすめします。

関連記事