痙攣や発作などの症状がてんかんには見られます。これらの症状はラミクタールで予防が可能です。

中年の患者と医者
  • ホーム
  • ラミクタール以外に発作に効果がある薬とは

ラミクタール以外に発作に効果がある薬とは

患者と医者

ラミクタール以外で発作を予防できる薬は、カルバマゼピンです。
これは部分てんかんの発作に対して一番最初に処方される薬です。
精神症状が改善するなどの報告もあるため、気分調整剤や三叉神経痛の薬としても使われています。
ただし全般てんかんを持つ人が服用すると発作が悪化するので注意します。

カルバマゼピンはグレープフルーツを食べると血中濃度が上がって、一緒に服用したてんかんの薬の濃度を下げてしまうことがあります。
部分てんかんの発作や全般てんかんの強直発作に有効なのが、フェニトインです。
血中濃度が変動するためモニターを見ながら、てんかん重積状態の時に注射します。

全般てんかんの第一選択薬は、パルプロ酸ナトリウムです。
気分障害や片頭痛を改善する効果もあります。
薬を服用すると少しずつ有効成分が溶け出るので、1日に何回も服用しなくても良いです。
患者のストレスが減るだけでなく、薬によって胃腸が荒れるのを防ぎます。
飲み慣れない頃は腹痛や消化不良といった消化器の不調や眠気を感じる人もいます。

また体重が増えることがあり、パルプロ酸ナトリウムを高濃度で服用すると妊娠が難しいです。
ガバペンチンは部分発作の付加薬で、ミオクローヌスは悪化するので注意します。
この薬のほとんどは腎臓で排出されるため、腎臓の機能に障害がある時は投与する量を調整します。

副作用には眠気やめまいなどがありますが稀で、一緒に服用している薬の影響を与えません。
全般てんかんや部分てんかんの付加薬であるラモトリギンは、レノックス症候群の発作にも使われます。
錠剤だと水なしでも服用することができます。
アレルギー反応を起こす人はわずかにいて、妊娠中は血中濃度が下がりやすいです。

関連記事