痙攣や発作などの症状がてんかんには見られます。これらの症状はラミクタールで予防が可能です。

中年の患者と医者
  • ホーム
  • 真性菌糸と真菌感染にラミクタール、ランニングの注意

真性菌糸と真菌感染にラミクタール、ランニングの注意

健康のためにランニングをする人も多くなりました。
運動不足を解消することでストレスの発散ができるだけでなく、ダイエットによる肥満対策ができ、運動習慣を作ることで生活習慣病の予防も可能です。
健康を維持して病気の対策をする上で様々なメリットを享受するのに役立つのがランニングですが、実践することによって病気にかかってしまうリスクもあると理解しておきましょう。
足で起こる真菌感染の原因になってしまう場合があるからです。

足で起こる真菌感染として最も有名なのが白癬菌への感染であり、水虫としてよく知られています。
白癬菌は湿潤で温かな環境を好む性質があるため、ランニングをして汗をかき、温まっている靴の中は白癬菌の増殖を促すのに適した条件になっているのです。
白癬菌に対して不顕性感染をしている人もしばしばいるのが実情であり、ランニングの習慣を作り始めたら水虫が発症してしまったというケースもあります。
ランニングが終わったら靴を脱いで速やかに冷まして洗うということを心がけると対策になるでしょう。

もしかゆみや皮膚の脱落、爪の白化などの症状が生じてきてしまった場合にもラミクタールによる治療が可能です。
病院に行って診てもらうと、真性菌糸の有無を見てどのような菌に感染したかの確定診断をしてもらうことができます。
真性菌糸の発生は白癬菌に特徴的なものであり、治療薬を処方してもらう事ができるでしょう。

特に爪に感染が起こっている場合にはラミクタールがよく用いられるのが現状です。
爪白癬に対する有効な治療薬は候補が限られているため、使用歴も長いラミクタールが選択される場合が多くなっています。
完治可能な病気であるため、発症してしまったら病院に行くのが賢明な判断です。

関連記事